工務店 ハウスメーカー 耐震

工務店とハウスメーカーの耐震を比較

住宅の建築にあたり、デザイン、性能、品質、価格など様々な視点から検討されると思いますが耐震性を重要視される方も多いです。

 

東日本大震災の際に、建物の全壊がなかったというハウスメーカーが話題になり、耐震性が売りになっているハウスメーカーもあります。

 

工務店やハウスメーカーでは『弊社の商品は全て耐震等級○以上』などとパンフレットに記載されていたりアピールされていますが、

 

耐震性でみるとやはりハウスメーカーの方が優れているのでしょうか、それほど変わらないのでしょうか。

 

建築物には国が定める建設基準法により耐震基準が定められており、“1〜3の等級”によって表されます。

 

 

工務店とハウスメーカーの耐震性を比較していきましょう。

 

 

【工務店】

 

工務店は大手ハウスメーカーと比較すると耐震性が劣っているのではないかと思われる方も多いようですが、

 

耐震性については耐震基準をクリアしていないと建築許可がおりませんので、必ずしも工務店の耐震性が劣っているというわけではありません。

 

しかし工務店の場合は、大手ハウスメーカーと比べると大規模な耐震実験が行われていないということは言えます。

 

また他の意見を取り入れたことで耐震性が重要視できない場合もありますので、

 

耐震性を重要視しながら話を進めていくと、価格はアップするものの工務店でも耐震性を上げることが可能で、耐震に強い家づくりが可能です。

 

 

【ハウスメーカー】

 

多くのハウスメーカーでは建設基準法の1.5倍の耐震性能を認める耐震等級3を標準としているようですが、

 

ハウスメーカーによって耐震性に大きな違いが生じる場合もあるようです。

 

基準法より厳しい耐震性能を求めているメーカーの場合は耐震性にも非常に優れていると言えます。

 

ただ基準法より厳しい耐震基準を求めれば、柱の本数や位置などが制限されることもあり、間取りの自由がきかなくなるということも多いようです。

 

そして建築基準法をクリアするためにどのような工法を取り入れているのかはメーカーによって異なりますので、それぞれのメーカーの工法の特色を調べておく必要があります。
ちなみにあるハウスメーカーが行った耐震実験では、阪神大震災の時と同程度のゆれを与えても、窓や壁が割れないのはもちろん、建物のすきま面積が次世代高気密基準をクリアできるほどの耐震性だったとの情報があります。

 

 

 

※耐震性に加え耐久性も非常に重要だと言われています。

 

阪神大震災の際に全壊した建物は、工法によるものではなく築年数による違いがはっきり出ていたとの情報もありますので、耐震性に加え耐久性も重要視して下さい。