工務店 ハウスメーカー 保証

工務店とハウスメーカーの保証

建築会社を選ぶ際に保証が充実しているのかということを重要視される方は、工務店ではなくハウスメーカーを選ぶといった方が多いようですが、

 

すべての新築住宅に関して、引渡し後10年間の性能保証が法律で義務化されており、

 

10年以内に住宅の構造にかかわる部分などに欠陥や不具合が生じた場合に、施工会社が無料で補修するという保証が法律で義務付けされています。

 

 

工務店とハウスメーカーの保障をみていきましょう。

 

【工務店】
引渡し後10年間の保証が法律で義務化されているといっても、工務店は大手ハウスメーカーと比べると安定性はなく倒産してしまうなどのリスクがあります。

 

もし10年の間に工務店が倒産してしまった場合、無料で補修を受けることができなくなってしまいますが、

 

住宅保証機構の保証や民間の保証会社で保証を付けておくといざという時でも安心です。
もちろん保証を付ける際には保証料が必要になってきますが、

 

住宅保証機構の保証を付けておけば、建築後に工務店が倒産した場合でも補修に必要な費用の95%まで保証されます。

 

※工務店はハウスメーカーと比べると倒産のリスクがありますが、完成保証に加入しているのかということも重要なポイントになります。

 

倒産リスクの高い工務店は完成保証に加入することができませんので、工務店を選ぶ上で完成保証に加入いているのかということも調べておく必要があります。

 

【ハウスメーカー】
ハウスメーカーの保証体制としてはどのようになっているのでしょうか。

 

基本的に保証書はどこのメーカーでも似たようなものですが、保証期間に大きな違いがあるところもあります。

 

保証の期間を原則10年としているメーカーもありますし、

 

近年は長期優良住宅に力を入れているハウスメーカーが多く、条件はあるものの30年保証、60年保証といった長期保証制度を取り入れているところもあります。

 

一般的には構造物や雨漏りに対しては10年目まではほとんどのメーカーで無料の保証が付いているようですね。

 

しかしメーカーによって内容が異なる場合もありますので、大手メーカーの保証や内容をチェックし比較しておく必要があります。